2017年3月 帰社日

3月の帰社日は、定例の情報共有(定例なので次回からは触れないかも・・・)の他に、Kさん と K課長(KKコンビ)のプレゼンテーションです。

Kさんのプレゼンは、現在担当しているiPadをベースとした、作業管理システムに関する成果報告とシステムのデモンストレーションでした。

iPadならではの視覚要素を活かした画面で構成されており、見て直ぐわかるユーザインターフェイスを実現したシステムです。

また、作業中に入力することを前提にリスト選択 や ラジオボタンなど、選択の方式をふんだんに使ったワンタッチで入力ができる親切設計。入力というと大げさですね・・・。画面に触るだけです。だからマウスをグリグリしなくて良いんですね!

iPadを使った経験のない方は、スマートフォン や ATMのタッチパネルをイメージすると大きく違わないと思います。

Kさんファンの方へ、写真のKさん切れていてごめんなさい。

 

K課長のプレゼンは、「SPM」問題解決力向上に向けたトレーニング活動の答え合わせです。

SPMはコンピューターウィルスではないですよ。K課長が行ってきたプロジェクトの呼称です。

「To Solve the Problem Myself」直訳で「自分自身で問題を解決する」ですが・・・、これが何かと言いますと。問題解決思考の向上活動として、K課長から社員全員へ月に一度メールで問題が出題され、それにメールで回答する自由参加型のトレーニングです。

さらっと簡単に書きましたが、これが凄いことで・・・。

回答者が答えにたどり着くまで何回もメールでやり取りをするわけですから、この人いつ休んでるんだろう~!って話ですよ。

それで、1年間の予定で始まったこの活動が来月でちょうど1年なんです。

で、最終回を迎える前に過去問の答え合わせをしつつ、最終回は今まで以上の参加を募るために・・・。そう、自分から辛い道を選ぶかのように!(Mですね)

今までは自由参加型で、好きな時に好きなタイミングで参加していたから回答者がバラけていましたが・・・、「次回が最終回です。是非参加してください!」って言ったら、今まで興味を持っていなかったであろう社員まで参加してきて大変なことに!ほんとドMですね(笑)

これを読んだ社員の皆さん、是非参加して K課長に嬉しい悲鳴を上げさせてやってください。

なんか、3Dプリンタの回から長文に・・・。次回は短めに行きたいと思います(^^)

2017年3月15日 | カテゴリー : 社内行事 | 投稿者 : WebMaster

3Dプリンタが凄い

3月某日、「株式会社エフティ・ファインテックプロダクト」様にご来訪いただき、我社で新商材として検討中の3Dプリンタ「FAST System」のデモを行っていただきました。

ミドルレンジのFDM(熱溶解積層)造形の3Dプリンタと聞いていたので、もっと大がかりな物をイメージしていたのですが、3Dプリンタ設置の速さに驚きでした。

この3Dプリンタには、8大特長があるそうですが・・・。
ここでは、私が特に気になった特長をご紹介します。

とにかくコンパクトです。

パーソナルニーズの物と比べたら大きいのかも知れませんが、下左写真で分かる通り A4ノートと比べてもあまり圧迫感がないと思います。

それでいて「最大造形物:300mm×200mm×200mm」まで可能らしいです。

 

そしてこれ、積み上げるんです。3Dプリンタだから当たり前ですが・・・。
今回はデモということもあり、積層ピッチが0.5mmなのかな?確認しませんでしたが・・・。
見る見るうちに、造形物が高くなっていきました。最少ピッチは0.05mmまで可能だそうです。

 

最後がこれ、造形物です。3Dプリンタ用のツール(上左写真)では「ふ~ん」で終わりです。

今回は、ネット上のフリー素材の図面らしいでのですが・・・。
なんと、中に 階段 と らせん状 の柱を作っているではありませんか!

そんなの図面次第ということは理解していますよ!!
驚きなのは、補助剤なしで行けるんですね~。ってところです。

ちなみに、補助剤も産業廃棄物にならないらしいです。燃えるごみ や 排水で処分できるとか!

最後に、もう一つ凄いことをさらっと言っていました。

保守契約中は、材料の樹脂を無料提供だそうです。ランニングコストを考えると凄い安価です。
こんな、3Dプリンタが近日いよいよ我社の商材になる予定です。

ぜひ、ご期待ください!!

2017年3月7日 | カテゴリー : 社内行事 | 投稿者 : WebMaster

中堅社員研修 – 最終日

先日、中堅社員研修の3日目(最終日)が開催されました。
今回も、対象社員とマネージャは1日中会社でお勉強です。

最終日は、前回までの研修内容を踏まえたロールプレイです。これまでの成果は・・・?

ロールプレイの前に、こんなゲームがありました。
その名も、コミュニケーションゲーム!(どん、どん、どん! ぱふ、ぱふ、ぱふ!!)

多くを語りませんが、

①3人1組で、1人のリーダーと2名のワーカーが背中合わせになります。
②リーダーが指示を出し、ワーカーがその指示に従い部品組み上げるゲームです。
簡単なトラップと言葉で伝える難しさに苦戦していた各チーム。これは単純で非常に面白い!!

後ろで見ているマネージャ達は、笑いをコラえ 立ち上がって状況を見守りました。

 

後半は、いよいよロールプレイです。

本人の作ったシナリオを基に、主役(本人)・お客様役・審査員でビデオ撮影ありの本気芝居です。

会議室にこもって・・・、部長席を使って・・・。
ん・・・? なぜ広いオフィスで部長席を選んだのかな??

場所のチョイスに疑問は残りますが、意外と真剣モードで収穫ありです。

シナリオの完成度は関係なく、審査員の持つチェックシートが重要なことに気が付きました。
チェックシートで会話を振り返ると、自分の会話に欠けているものが分かる気がします。

社内では行えない本格的な研修会で、参加者一同本当に勉強になりました。
これで、社員のヒアリングや商談スキルが飛躍的に上がったと思います。・・・多分。

K先生、3日間本当に有難う御座いました。

2017年3月7日 | カテゴリー : 社内行事 | 投稿者 : WebMaster